亜鉛で叶う「髪トレ」

なぜ亜鉛で髪トレなのか?

髪トレに亜鉛が必要なのは、髪の毛の主成分であるたんぱく質の合成に必要となるからです。
髪の表面にはケラチンと呼ばれるたんぱく質で覆われており、これを成長させるためにはたんぱく質・ビタミン・亜鉛と3つの栄養素が必要となります。

 

必須アミノ酸を含むたんぱく質

マルチビタミン

たんぱく質の合成に必要な亜鉛

 

この3つの栄養素があり始めて髪が育つことができます。

 

これらの栄養素が含まれている食事をすると、小腸で最小単位にまで分解され、また合成されて髪の一部となります。
髪を健康にしたい、細くなった髪をしっかりとさせたい、抜け毛を予防したい、白髪を改善したい、髪のボリュームを出したい。
どれも栄養不足による影響が考えられます。

 

髪のダメージや抜け毛は栄養の不足と関係性があることはわかると思いますが、意外と白髪対策と栄養は結び付けていない方が多いようです。

 

白髪になるのは老化により髪のメラニン色素が作られないためといわれています。
実はこれだけではなく女性ホルモンの影響も受けています。
亜鉛は女性ホルモンの合成にも不可欠なミネラルとなるため、栄養状態が悪い方は若いうちから白髪が目立つこともあります。

 

美髪、髪のボリューム、白髪と3つの対策に亜鉛は必要です。

 

 

亜鉛が多い食品

亜鉛が多い食品を毎日摂取して、美髪を目指す方法を紹介します。
亜鉛は女性の場合9mg程度は必要なのですが、毎日の食事からは不足している人が多くなっています。
できるだけ亜鉛が多い食品を摂るのが美髪には欠かせません。

 

牡蠣

レバー類

肉類

魚介類

納豆

ナッツ類

 

などです。
牡蠣が最も亜鉛の量が多く、カロリーが低くて脂肪分も少ないため、女性におすすめです。
旬の時期になれば牡蠣鍋、カキフライなどが美味しくなりますから是非利用してください。
1日2個〜3個くらい食べるだけで亜鉛の推薦量に達します。

 

その他の食品では魚介類、肉類、卵、納豆、ナッツなどをバランスよく食べると補いやすくなります。
亜鉛はたんぱく質との相性が良いため、魚介類や肉類もおすすめです。
ビタミンCやクエン酸とも相性が良くなっていますから、ポン酢をつけて食べる鍋料理も最適です。

 

おやつにはビーフジャーキー、ナッツ類を取り入れれば亜鉛は不足しません。
スナック菓子や甘い物を食べるくらいなら、栄養価も高いナッツを選んだ方が美髪には良いのです。

 

食事の場合は亜鉛の過剰摂取はあまり考える必要はありません。
元々亜鉛自体の吸収率も低く、牡蠣を大量に食べない限りは過剰となる必要がないからです。

 

 

亜鉛が不足する理由について

亜鉛は美髪に欠かせない栄養素ですが、現代人は意外と足りていません。
食事で注意したり、サプリメントで補給したほうが良い理由について紹介します。

 

食品に含まれる亜鉛の量が少なめ

食品添加物でも失いやすい

ストレスが多い現代人は消費量が多い

腸からの吸収量が30%前途と少ない

 

などの影響からです。

 

牡蠣のように数個食べるだけで1日の推薦量に達する食品は少なめです。
牛肉やレバー類も多くなっていますが、相当量を食べないとなかなか達しないのが実情となります。
様々な食品をバランスよく食べても必要な量を補いにくいミネラルなのです。

 

さらに食品添加物、ストレス、お酒などの影響でも摂取量は減りがちです。
1日3食バランスよく食べている人でも、お肉を大量に食べる欧米人のような食事でないと不足してしまいます。

 

日本人は穀物も多く食べますから、お肉だけや魚だけとメイン料理のみを食べることはありません。
その結果、日本人は欧米人に比べて亜鉛が不足しています。

 

亜鉛は腸からの吸収率が30%前後と低く、組み合わせる食品によっては5%前後とかなり低くなることもあります。
魚介類やお肉を単体で食べることがなければ、通常より吸収率が下がっていると思うべきなのです。

 

亜鉛サプリの選び方がわからない人はこちら

髪は早くに影響が出やすい

亜鉛が不足するとたんぱく質が合成できず、細胞が新しく作りだされません。
その結果、新陳代謝が激しい細胞で早くに影響が出ます。

 

舌にある味覚を司る細胞

髪のように代謝が早い細胞

 

これらが早い段階で影響を受けます。
味がよくわからなくなった、特定の味を感じにくい、口の中が苦いなど味覚に異常がある方は注意する必要があります。
また、髪のように細胞の1つ1つが作りだされるスピードが早い場所でも、亜鉛不足は影響が出やすくなります。

 

例えばトリートメントをしても髪が回復しにくくなった、髪が細くなった、白髪が増えた、ツヤが無い、髪が伸びる速度が遅くなったなどです。
このような症状を感じる方は、亜鉛不足で細胞の合成が追いついていないといえます。

 

実は日本人では年間14万人もの味覚障害患者が発生しています。
この原因の多くは亜鉛不足ですから、どれだけの方が亜鉛が足りないのか理解できるはずです。
味覚障害まで症状が進んでいない方も、髪のトラブルを感じる方は今からでも良いので、亜鉛摂取量を注意するようにしてみてください。

 

少し食事を工夫したり、食生活が乱れやすい方は亜鉛サプリが役立ちます。
亜鉛は意識しないとなかなか摂取できないため、トリートメントで外側からケアをする前に実践したいことです。

 

亜鉛サプリの選び方がわからない人はこちら

参照サイト

http://xn--vck8crc8c591swffo34bdq1e.com/・・・亜鉛サプリを選ぶなら必ず天然の牡蠣エキスを使ったサプリを選びましょう